紙のカードなんて必要なし最新タイムレコーダーの現状

紙のタイムカードを利用していると、勤務時間の計算単位が15分や30分単位の場合にあと数分で次の単位時間となる場合にはタイムカードを押さずに待つ不正が横行しやいくなってしまいがちです。タイムカードを…

クラウドでリアルタイムに勤怠を把握・管理

クラウドを使用する事で何時でも気軽に特定社員の勤怠を確認する事ができるので、とても便利な方法になっています。以前はこのような方法が確立されていなかったので、多くの会社がそこまで導入していませんでし…

自動計算で勤務時間と給与計算、人件費も把握

昔ながらのタイムカードを打刻する方法では、時間の記録は出来ますが勤務時間の計算や給与計算は、完全に手作業で時刻を勤務管理システムに入力する必要がありました。給与計算時には経理担当にかかる負担が多く…

長時間勤務の警告もできます(残業管理)

タイムレコーダーを利用する会社は多く在りますが、レコーダーはカードを挿入した時、もしくは社員証をかざした時の時刻を記録するための設備機器で、会社に出社した時と退社する時の2回利用する事になります。…

有休や休日出勤、慶事休みなどの申請・管理もできます

タイムレコーダーを使用する事で、有給や休日出勤だけではなく、慶事休みなども把握する事ができるので、勤怠管理を楽にする事が可能です。人によって事情が異なっていますし、どのような勤怠管理になってしまう…

タイムレコーダーの利用方法

勤務前と勤務上がりに利用する機会も多いタイムカードですが、そのタイムカードを挿れると自動的に仕事を始めた、または終わった時間を印字してくれる機械がタイムレコーダーです。