自動計算で勤務時間と給与計算、人件費も把握

タイムレコーダーは進化しています

昔ながらのタイムカードを打刻する方法では、時間の記録は出来ますが勤務時間の計算や給与計算は、完全に手作業で時刻を勤務管理システムに入力する必要がありました。給与計算時には経理担当にかかる負担が多く、社員やアルバイトの人数が増えると処理が追いつかなくなる危険があります。また、誰でも他人のタイムカードを打刻出来る環境にあるために、打刻不正が横行してしまう問題点もあるのです。 個人IDカードを配布して、入退室管理と共に実施するタイムレコーダーを導入することで、出退勤の打刻が専用のICチップ内蔵IDカードで行えるようになりました。IDカードの管理を自己責任とすることで、自身の勤怠管理に責任を持たせることが出来ます。

給与計算事務が楽になる

タイムカードの打刻方法では、単位時間となるまで待ってから打刻しようとする打刻不正が発生していました。IDカードを用いた打刻方法では、勤務時間を1分単位で扱うことが出来るので月間通しての勤務時間を分単位で合算することにより、出退勤の打刻を待つ不正がなくなります。 打刻した勤怠データを自社サーバーで管理するには、設備投資と維持管理費がかかるので、専用クラウドシステムを備えたタイムレコーダーを導入すれば月額費用のみで運用出来ます。従業員数が増えても自社で設備投資を行う必要がないので安心です。勤怠データをクラウド上で保存することで、給与計算ソフトに自動入力出来るフォーマットでデータを取り出せます。給与計算と人件費の把握が自動的に出来るので、手間をかけずに人件費の把握もしやすくなり便利です。