紙のカードなんて必要なし最新タイムレコーダーの現状

専用タイムレコーダーを導入すると1分単位で計算可能に

紙のタイムカードを利用していると、勤務時間の計算単位が15分や30分単位の場合にあと数分で次の単位時間となる場合にはタイムカードを押さずに待つ不正が横行しやいくなってしまいがちです。タイムカードを押すために行列が出来る光景を見たことがある人もいることでしょう。 最新の専用タイムレコーダーを導入すると、秒単位での正確な記録が出来るので1分単位で給与計算が可能となります。積算した上で月間合計時間により給与が最小単位で計算されるので、1分待って押す必要がなくなりタイムカード不正を無くすことが出来るのです。専用ICカードの発行や、WEBブラウザからの打刻、スマートフォンからの打刻など本人以外では打刻出来ない仕組みを導入することも容易です。

クラウドでデータ管理をすることで勤怠管理が楽に

最新の専用タイムレコーダーを導入すると、データをクラウド上に保管・管理することが出来ます。自社で保管する必要が無いので、事業の拡大縮小に合わせて自社サーバーの設備投資を行う必要がありません。月末にタイムレコーダーを集計する際にも、各会社で利用している給与計算システムへデータ出力形式を指定して行えます。 従業員による不正が行いにくいために、打刻されたデータを1つ1つ疑ってかかる必要もなくなるので、得られたデータを給与計算システムに入れるだけで済むので楽になるでしょう。勤怠データを取り出して本社にて利用することが出来るので、各部門ごとの集計をすぐに出すことが出来ます。残業量の変化や生産性が低い部門の割り出しにも繋がるので、経営者にとっても勤怠管理が楽になるのです。